BtoB調査で得られるもの

BtoB調査についてご紹介します!

このサイトでは、ビジネスで活かすためのBtoB調査について紹介しています。
市場調査という言葉はある程度浸透しているためご存じの方も多いと思いますが、対企業の調査に関しては知らないという方も多いでしょう。
そこで、一般的に対企業調査が利用できる業種の種類、店舗が調査を実施するメリット、オンラインにおいて解決できる課題を解説していきます。
また、BtoC調査の違いについても説明していますので、参考にしてみて下さい。

ビジネスで活きる!BtoB調査について徹底解説します!

ビジネスで活きる!BtoB調査について徹底解説します! BtoB調査は、一般的に解説されている市場調査とは考え方が異なります。
商品やサービスの価格や消費者の満足度だけではなく、その商品やサービスを扱う企業に対してもたらされるイメージの価値と価格のバランスについても調査・考察を行う必要があります。
BtoBにおいては特定の企業と長期的な取引を行っている場合が多く、わざわざBtoB調査を行う必要がないと考えられている面が見受けられます。
そのため、BtoB調査について解説されている媒体や企業も限られています。
ですが、市場の状況が目まぐるしく変化する現代においては既存の取引先のみに頼っていると多くの機会ロスが発生してしまいます。
最悪の場合は懇意にしていた取引先が突然倒産するリスクも抱えています。
BtoB調査への意識を持っている企業がまだ多くない中、有効的にBtoB調査を取り入れ実践することで他企業から抜きんでることが可能となります。

BtoB調査で他社と比較を実施すると戦略が見えてくる

BtoB調査で他社と比較を実施すると戦略が見えてくる 企業相手の営業では、他社との比較がかなり細かなところまで行われます。
個人向けのビジネスと違って、成約するまでに何人かの承認者を納得させなければいけません。
そのため他社より優れているところがなければまず間違いなく選ばれることはないでしょう。
価格で争っても最終的には利益が少なくなり、立ち行かなくなる恐れがあります。
そこで活用したいのがBtoB調査によって行われる他社と比較です。
自社の扱っている商品や顧客層など、できるだけ詳細なカテゴリー分けを行って、競合となる企業の像を明確にします。
その上でBtoB調査を行って、成約に至る決めてや比較の時に注意している点などを確認します。
収集したデータから自社との差分を確認し、その重み付けが重要になります。
そして影響力の大きな差分について、しっかりと分析し、どのようにしてその差分をなくせるか、または強みに変えられるかを考えます。
従来から強みと考えられたいたことがあれば、弱みを打ち消すことができるだけでも十分に戦うことができる材料となるでしょう。
またあまりにも差分が大きくて埋め切ることができない場合には、そのカテゴリーでの争いを避けると言う選択肢もあります。

BtoB調査の方法とメリットを考えて調査を開始

日本各地の企業の意識調査をするためにBtoB調査を活用しようか迷っている時には、インターネット調査と訪問調査の両方を行っている企業を頼るのが理想的です。インターネット上で質問をするだけでなく、実際に顔を合わせながら現地で調査をする事によって、より深い情報を得られると言われています。工場で使われる設備を製造しているメーカーがBtoB調査を依頼すると、スタッフが現地まで足を運んで実態を調べなければ、製品の問題点が確認できない場合もあるので注意が必要です。製品やサービスの効果や現状を確かめる事で、新しい課題が見えてくるだけでも新製品の開発に役立つと言えます。調査を短期間で終えたい場合は、BtoB調査を依頼する企業の規模にこだわる事も重要です。規模が大きい企業なら同時に多くのスタッフを派遣してもらえるので、迅速にアンケートの結果を集めてもらえます。的確な対象を相手にアンケートを集める、キーマンスクリーニングという調査の方法が選べるのも実績が豊富な企業を頼る利点です。

BtoB調査とはどのような形で調査が行われるのか、またその内容とは

"BtoB調査とは何かというと、法人アンケート調査とも言われており、自社が展開しているサービスや商品のユーザーである企業や団体に対して行う調査の事です。内容としては、従業員やスタッフが今行っている仕事に対してどのようなモチベーションで行っているかや、どういった待遇で働いているか等の実態を調べます。では具体的にどのようにBtoB調査は行われるのかというと、まず郵送調査です。何故郵送かというと、複数の担当者が1つの運営に関わっている為、スムーズに回答出来なかったり、アンケートは書類で行うという考えがまだ残っているからであったり、オンラインだとセキュリティ上の問題があるからです。もちろんインターネットでの調査を行っている所も少なくありません。書き漏れが防げたり、コストを抑える事が出来る等のメリットがある為、近年では需要が増えています。他にも調査会社に依頼するという形もあります。外部に依頼する事で、面倒な作業を全て代行してくれるので便利です。"

BtoB調査はアンケート実施による方法が効果的

BtoBは、企業が企業に向けて商品やサービスを提供する取引、そしてBtoB調査はこのマーケティング手法の効果がどのくらいあるのか把握するために行われるものです。行動データの調査方法は多数あるけれども、その中でもアンケート調査は最もポピュラーな手法といえます。BtoB調査でもアンケートを実施することで効果測定に繋がるわけですが、せっかくアンケートを行っても結果を上手に活用できないのでは意味がありません。BtoB調査を行うときにアンケートを利用する、この場合重要なことはなぜアンケートを実施するのかなどの目的を明確にすることです。いつ・誰に・何を・どのように、といった部分について毎回調査チームの中で検討する、設問づくりから分析に至るまで一貫した目的に沿い進めることが大切です。また、BtoB調査は企業に対して行うものですから回答率が上がりやすい質問数および内容にするなども大切、質問数は最小限に厳選するなどもコツの一つといえましょう。

BtoB調査で施策を講じるならアンケートがいい

BtoB調査は今では、市場調査でとてもいい結果を得られるものだと認識されました。以前であれば電話で不特定多数の意見を聞くのが一般的でしたが、今ではインターネットを使用して対象者自身からアプローチをするわけです。ポイントと引き換えにプライバシーに関する回答をしてくれるので、より良い結果を得られます。BtoB調査でさらに踏み込んだ回答を手に入れたい場合の施策は、アンケートにするということです。国税調査のような難しい文章でBtoB調査を作成するのではなく、誰でも親しみやすい内容にすれば幅広い年代の方が挑戦をしてくれるというのがわかるでしょう。BtoB調査で大切なことは、相手に対して安心感を与えるということです。施策では今はポイント還元・モニターが基本となりますが、このうちの前者であれば特に主婦層のハートを掴むことができます。毎月2000円でも良いから副収入が欲しいという方も多いので、実施する価値はあります。

BtoB調査で信用情報はどこまでわかるか

BtoB調査は契約を結ぶ上で極めて重要ではありますが、相手の企業のことを何でも知ることが出来るかというとそうとは限りません。特に信用情報については非常にシビアなものであるため、入手はなかなか大変な手続きを必要とします。
信用情報とは、その企業が借金の返済などを適切に行っているかを示すものです。この情報は金融機関同士は共有しています。お金を貸すかどうかの重大な判断材料になるからです。ところがBtoB調査は基本的に金融機関以外が行う調査であるため、なかなか知ることが出来ません。銀行などに聞くという方法はありますが、もちろん無関係な企業に情報をただ流ししてくるはずもなく、調査は遅々として進行しない可能性があります。ただし、何らかの事業を行う上で相手企業に貸し付けを実施する場合には、金融的な役割を果たすと言えるので金融機関などが情報をくれることもあります。全ては交渉次第となっており、慎重な手続きが大切です。

BtoB調査で正確な情報が得られない場合の対処法

BtoB調査で正確な情報が得られない場合には、類似の製品の調査データに様々な条件を加味してこれを利用することができます。これを知っておくと様々な事情で調査を実施することができない場合でも、非常に確実性の高い情報を生み出すことができるのがポイントです。
BtoB調査の特徴は、外部に情報を漏洩させずに安全対策を確実に行うために重要なものとなっています。しかし本人が直接お礼を行ったのが寒々な先入観が発生し正確な情報を取得することが難しいばかりでなく、また実際の情報と仮説が混乱してしまうと言うことが少なくありません。第三者であれば中立的な調査を行うことができるため、よりそれぞれの国の状態を正確に知ることができ、これに対する冷静な判断もできるようになるためです。BtoB調査はその期間を短縮することができ効果的に情報を集めることができるものとなっていますが、その内容は自分で確認した場合に比べ信憑性に欠けると言うケースもあり、非常に効果的な対処法となっています。

BtoB調査の依頼をオンラインだけで完結するのが難しい理由

アンケート調査のフィールドは、消費者だけでなく企業間を意識したBtoB調査のニーズも高くなっています。消費者調査と異なって、企業間でのBtoB調査の依頼をオンライン調査の形式で対応するのは難しいという特性があります。
・回答について時間を必要とすることが多い。
法人はヒエラルキー形態の元で運営されています。ひとつの物事の意識決定にも、組織内部のルールに従ってどの部署がどのような回答をかえすのかを決定しなければなりません。アンケート内容によっては担当者に回答を求めることがありますが、そのときですら上司の裁可をまつことになる場合もあります。
・セキュリティー上のリスクが存在することにより回答できない。
最近では普通のメールを騙る標的型マルウエアによる被害が日本国内で続出しています。日ごろから取引関係のあるメール発信元からなら安心して開くことが出来ても、未知の送信元からのメールはそもそも開かれない可能性があります。

BtoB調査を調査会社に依頼するメリット

BtoB調査は取引先のビジネスの内容に踏み込むことも多いため、この調査を拒むと言う顧客も少なくありません。しかし第三者の調査会社に依頼した場合には、必要な情報を適切に得ることができる可能性が高くなることがメリットとなっています。これは取引先の様々な関係が影響せず、客観的に正当な調査を行うことができるポイントとなるためです。
BtoB調査は、客観的な立場で調査を行うことが重要なポイントとなっています。ただし取引先と言う関係性がある場合にはなかなか正確にその状態を把握し、アドバイスをすることが難しくなる場合が多いものです。客観的な取引のない会社の場合にはそれほど警戒されることもなく、安心して調査を委託することができます。
BtoB調査は代理店取引等のしがらみがなく、また正確な調査をスムーズに行うことができるところを選ぶことが重要です。BtoB調査は単純に顧客の情報を得るだけではなく、その周辺を取り巻く環境も正確に調査をすることが重要となっています、

BtoB調査はサンプル例を確認してから依頼することが重要

BtoB調査を行う場合には、データのサンプル例を確認することが大切です。どのようなデータを得たいかによって調査の方法が変わるため、その目的であるデータの内容を事前に十分に把握しておくことが大切であり、これによって調査方法や使用するツールなどを選ぶのが最も効果的な方法となっています。
BtoB調査は様々なビジネス取引を行う上で重要なものとなっており、様々な契約を結菜の相手の信頼度を確かめるためであったり、また市場の成功する確率を割り出すために必要なものであったりと言うことも少なくありません。直調査の方法で実態とは異なるデータが生まれることも多く、これを信頼すると大きな結果の誤りにつながってしまうことも多いので注意が必要です。
BtoB調査の特徴は、実際にはビジネスに関連しない中立的な立場の人が行うことで初めて信憑性を持つことが多いものです。この点を十分に確認し、必要最小限の費用で効果的に活動することができる人を抱える事務所を選ぶのが良い方法となっています。

BtoB調査に関する情報サイト

BtoB調査を利用しよう

新着情報

◎2022/12/16

情報を追加しました。


>BtoB調査で信用情報はどこまでわかるか
>BtoB調査で正確な情報が得られない場合の対処法
>BtoB調査の依頼をオンラインだけで完結するのが難しい理由
>BtoB調査を調査会社に依頼するメリット
>BtoB調査はサンプル例を確認してから依頼することが重要

◎2021/2/12

マーケティングが重要
の情報を更新しました。

◎2020/12/8

BtoC調査との違い
の情報を更新しました。

◎2020/10/13

オンラインの調査が解決できる課題
の情報を更新しました。

◎2020/07/31

サイト公開しました

「調査 ビジネス」
に関連するツイート
Twitter

【特別無料公開】 Sports for Socialが独自に実施した「スポーツと社会貢献に関する意識調査」のレポートを特別公開しました。 スポーツビジネスに携わる方、スポーツチームの皆さん、スポーツ協賛をしている企業の方にとって少しでも有益な情報になれば幸いです。

長男のことを調査できないわけが分かりましたね。要するに、同じことをやったことがある自分に足がつかないためだったというわけ。ファミリービジネスですからね。・・・岸田パパも政治資金で土産爆買い3年544万円超! ボンクラ長男秘書官と父子揃って高級好き

ブランド用語:インターブランド…インターブランドとは、ニューヨークに本部を置く世界的なブランドコンサルティング会社である。毎年ビジネス・ウィーク誌に独自のブランド調査結果である「The Best Global Brand」を発表している。

2050年までのカーボンニュートラル達成を大多数が支持、米シンクタンク調査(米国) | ビジネス短信 - ジェトロ(日本貿易振興機構)

「半面調査」って聞いたことありますか? 税務署からある日突然、収入源となっている会社に納税者情報の調査が入ることがあります。これが「半面調査」 ネットワークビジネスで一定以上の収入がある場合、税務申告が必要になるのですが放置していると調査が入り預金口座が差し押さえになります。